スタンド花WEB通販で大人気のサイト

MENU

スタンド花はいつまで飾っておけば良いのか知りたい

スタンド花処分

スタンド花を飾る日数は、そのお店によって違います。お店によっては、1週間程度、そのまま飾っているような場合もあるのですが、花が枯れてしまう前に撤去してしまう事が多いとされています。

 

そのため、撤去までの日数としては、2日から3日程度であることが一般的となっています。スタンド花は切り花で作られている事が多いため、来店したお客様に、オープン記念も兼ねてプレゼントをするというような場合もあります。

 

名古屋では、スタンド花をできるだけ早くお客様に全てお渡しすることができる方が縁起が良いと言われているくらいですから、お飾りとしてだけではなく、切り花をプレゼントするのも良いでしょう。

 

そのまま飾っておいても、お店で花を管理することができず、処分してしまう場合には、お客様にプレゼントをし、喜んでもらい、その花が枯れてしまうまでお手入れをしてもらった方が良いと言えるでしょう。

 

ですが、花が少なくなってくると、見栄えがしなくなってしまいますから、オープン前に花を配ることはNGです。

 

 

スタンド花一覧

 

開店をする事で、スタンド花が徐々に小さくなると、来店したお客様がたくさんいたんだという事がわかりますから、集客効果を期待することができるとされています。

 

発表会や、コンサート会場など、会場を飾るために利用したお花は、出演者が帰りに分けて持ち帰ることができる場合が多くなっています。

 

簡易包装となってしまう場合が多いのですが、持ち帰ってお手入れをしてあげると良いでしょう。

 

スタンド花を手配して配達してもらう

スタンド花配達

スタンド花を依頼する場合には、ネットから申し込みをする人が多いとされていますが、近場に贈る場合には、自宅近くのフラワーショップでも対応可能となる場合もあります。

 

スタンド花を配送するところまで行ってもらう事になりますから、宅配を行っていないフラワーショップである場合には、依頼することはできない場合もあります。

 

 

早く注文をする場合には、1ヶ月や2か月前からでも、申し込みをする事ができますが、当日の場合、対応できないようなフラワーショップもありますから、注意しましょう。

 

 

当日にお花を贈りたい場合には、当日でも対応可能としているようなお店を選ばなければいけません。

 

 

様々なフラワーショップがあり、スタンド花の取り扱いもお店によって違うのですが、店員のセンスによって、自分好みのデザインとなるかどうかには違いが生じてしまいます。

 

 

そのため、ネットを利用してスタンド花を頼む場合には、そのお店で作ったその他のブーケなどをチェックし、自分好みのセンスであるのか、確認をしてから発注をする事も良いでしょう。

 

センスに合わないと感じる場合には、そのお店に利用して欲しい花を伝え、自分好みの色合いにしてもらう事も可能です。

 

値段の中でスタンド花を作りますから、花の種類によっては、組み込むことができないような場合もあるのですが、ほとんどのフラワーショップでは、色合いや、花の種類など、指定の物を入れて作ってくれることが多くなっています。

スタンド花の画像配信サービスをして欲しい

スタンド花画像配信

ネットや電話を利用し、フラワーショップにスタンド花を予約する場合、先方にどのような花を贈ったのか、贈った本人がわからないと、先方と話しがかみ合わなくなってしまう事もあります。

 

 

自分が贈ったスタンド花がどのような物であったのか知りたい場合には、画像配信サービスを取り入れているようなフラワーショップを選ぶと良いでしょう。

 

 

繁忙期となる時期には、画像配信サービスを停止しているような場合もありますが、多くのフラワーショップでは、無料で画像配信サービスを取り入れています。

 

 

 

配送を行ってから置き場所も含め、画像配信を行う場合と、スタンド花が出来上がり次第、出来栄えをメールでお知らせしてくれる場合とがありますが、画像でチェックすることで、その出来栄えに納得いけば、今後も同じフラワーショップに依頼したいと考える事でしょう。

 

 

画像配信により、花の部分だけではなく、スタンド花になっている状態を確認することができ、贈り先とのイメージが合っており、発注した通りの物が出来上がっているかをチェックしましょう。

 

 

メールアドレスを持っていないと、画像配信サービスを利用することができないため、電話などから申し込みを行った場合、画像配信サービスを利用することができない場合もありますから、注意しましょう。

 

フラワーショップによっては、画像配信をしたことがある今までのスタンド花を、ネットで掲載している場合が多いですから、値段とボリューム感を確認してみる事も良いでしょう。

スタンド花の回収は花屋にお任せ

スタンド花回収

スタンド花は、お店に来てくれた人に、お渡ししてしまうと良いとされていますが、コンサート会場や、発表会などでスタンド花が贈られた場合、その花を全て持ち帰ることができない場合もあります。

 

 

観劇の際に贈られたような花の場合、出演者が持ち帰ることはほとんどなく、観客に配ったり、関係者がばらして持ち帰ることもあるとされていますが、そのまま処分されてしまう事も多いとされています。フラワーショップでは、スタンド花の回収も行っています。

 

 

スタンドとなる部分は、他の注文があった時に、再度同じ物を使う事がありますから、スタンド部分だけとなってしまっていても、必ずフラワーショップが回収にきます。

 

 

設置の際に、回収日を尋ねられることと思いますから、その日のうちに回収してもらいたい場合には、時間を伝え、その日のうちに回収しに来てもらいましょう。

 

数日間飾っておいても問題がない場合にはフラワーショップの名刺をもらって置き、回収日を後から連絡するようにしましょう。

 

スタンド花によっては、スタンドの部分が大きな花瓶となっており、そのまま花を飾ることができ、現在の花が枯れてしまった場合でも、違う花を生ける花瓶として使用することができるようなタイプもあります。

 

 

そのような花瓶タイプの場合には、フラワーショップが回収に来ることがありませんから、不要となるのであれば、各自で処分をする事になります。ですが、依頼があれば、花の処分は、フラワーショップが行ってくれることが多いため、その日のうちに花を処分しなければいけない場合には、フラワーショップに連絡をしておくと良いでしょう。

安くて豪華なスタンド花を買いたい

スタンド花安い

スタンド花を値段で選ぶ場合、できるだけ安く仕上げたいのであれば、1万円台で作ってくれるフラワーショップを探してみましょう。

 

 

1万円台であると、高価となる花を混ぜ込むことは少なくなるのですが、スタンド花はボリュームがある方が見栄えがするため、値段が安くても、ある程度ボリュームを保って作ってくれるフラワーショップが多いとされています。

 

 

個人から個人へ、スタンド花を贈る場合、1万円のお祝いで十分であると考える人が多いですし、1万円分のお花を贈ることになると、花束を贈るよりも、確実に豪華な仕上がりとなりますから、花束を贈るよりもお勧めとなります。

 

 

法人へ贈る場合、1万円では、若干物足りないと感じる人が多いとされており、3万円を超えた花を贈る人も多いとされています。

 

 

相場は2万円程度となっていますから、2万円のスタンド花であれば、ある程度高価なお花も混ぜ込むことができますし、比較的ボリュームもできますから、その他のスタンド花を比べても、見劣りしてしまう事はないでしょう。

 

スタンド花一覧

 

 

逆に、5万円を超えた花としてしまうと、花に詳しくない人の場合、5万円の価値を感じる事がないままとなってしまいますから、スタンド花を贈る場合には、3万円程度までの金額で収めると良いとされています。

 

 

見栄えが良いのに越したことはありませんが、大きくするのではなく、花の種類を変える事で、見栄えを良くする場合が多くなっていますから、値段で選ぶ場合には、花の種類に注意しましょう。